Search

Galaxy 5G Mobile Wi-Fiの実機レビューと評判|口コミからみる実態と最安値プロバイダ

WiMAX+5G専用のモバイルルーター「Galaxy 5G Mobile Wi-Fi SCR01」でWiMAXの契約を考えているけど、本当にこれでいいのだろうか…?

利用者の意見として言えば、速度の安定性・バッテリー持ちの良さから、ネット回線アドバイザーがメイン利用する機種となっています。

WiMAXプロバイダを選んだ後や選ぶ前に、機種のことを知らないと本当にこれでいいのか決めにくいものです。


また、モバイルルーターの「SPEED WiFi 5G X11」と「Galaxy 5G Mobile Wi-Fi」はどっちがいいのか知りたいと考えている人も多いです。さらに、ホームルーター(HOME 5G L11)のどちらがいいのか?と考えている人も少なからずいることでしょう。


この記事では、Galaxy 5G Mobile Wi-Fiはどうなの?と考えている方のあらゆる疑問を解消できるようにしました。

ここでは、実際の通信速度や旧機種との違い、使い勝手などのあらゆる気になるポイントについて紹介していきます。

Galaxy 5G Mobile Wi-Fiの基本スペック



項目

詳細

名称

Galaxy 5G Mobile Wi-Fi SCR01

メーカー

Samsung(サムスン)

発売日

2021年4月8日

対応回線

・5G(sub6)

・4G LTE

・WiMAX 2+

通信速度

下り最大:2.2Gbps

上り最大:183Mbps

※一部エリアのみ

バッテリー

(連続使用時間)

約15時間

※メーカーでは1,000分と記載

サイズ

約W147×H76×D10.9mm

重量

約203g

液晶サイズ

5.3インチ

同時接続台数

最大10台

WiFi規格

IEEE802.11a/n/ac(5GHz)

IEEE802.11b/g/n(2.4GHz)

USB端子

USB Type-C

カラーバリエーション

白のみ

端末価格

無料プロバイダがほとんど

一部21,780~21,912円

Galaxy 5G Mobile Wi-Fi SCR01は、WiMAXで始めて登場した5G対応モバイルルーター。

従来までの機種より、通信速度やバッテリー持ちなどあらゆる点で優れています。

そんなGalaxy 5G Mobile Wi-Fiについてスペック表からではわかりにくいポイントを、実機レビューを踏まえてご紹介します。

Galaxy 5G Mobile Wi-Fiの特徴|実機レビューでわかる実力

実際に発売当初からGalaxy 5G Mobile Wi-Fi SCR01を利用していて、評価の高いポイントは以下の通りです。


  • 充分過ぎるほどの高速通信ができる

  • バッテリーは丸一日中使えるほど強い

  • 旧機種より室内での電波が強くて速い

  • スマホみたいな操作性で使いやすい

  • 薄型だからカバンの中で嵩張らない

  • WiMAXが圏外でもプラチナバンドLTEで安心

  • 自立スタンドがなにげにテレワーク時に便利

  • SSIDのステルス機能が便利

それぞれ詳しく紹介します。

充分すぎるほどの高速通信で快適

Galaxy 5G Mobile Wi-Fi SCR01の最大通信速度は下り2.2Gbps/上り183Mbpsと非常に高速です。

ただ、スペック上の数値だけでみると5G対応モバイルルーターのなかでは3番目の速さとなっています。 ※一番はドコモから販売されている「WiFi STATION SH-52B」で下り最大4.2Gbpsです。

しかし、スペックなんて気にしなくても、いつでも4K動画の再生もラクラクな速度で使えるんです。

しかも5G回線の接続時は、光回線並の通信速度になります。

街中で使う時でも郊外で使う時でも、4G回線のエリア内でも5G回線のエリア内でも、ほとんどの場所で快適な通信速度で利用できます。

ちなみに田舎でも、家が数件立ち並ぶ集落的な場所なら問題なく使えます

動画の視聴、画像ダウンロード、SNSへの画像アップなど、あらゆる利用用途で使っていますが、2021年4月の発売時から使っていて今まで困ったことはありません。

バッテリーは1日中使えるほど強い



バッテリーの持ちは規格上だと約1000分となっています。

実際に10時〜20時ころまでの12時間ほど使ってもバッテリー残量は49%でした。

PCでの作業時にWi-Fi接続していない時間帯も有ることを考えると、実際まる1日程度は余裕をもって使えるかと思います。

ハイスピードワイドレンジ型のau 4G LTEをキャッチするから安定する

Galaxy 5G Mobile Wi-Fi SCR01は、WiMAX+5Gプランでの利用となり、au 4G LTEの主要回線(2GHz帯)を使えるようになりました。

その結果、室内での繋がりやすさは圧倒的で回線環境が良好になっています。

その理由は、auスマホでのメイン回線として使われているハイスピードワイドレンジ型のau4GLTE(2GHz帯)が利用できるからです。

au4GLTEが使える事による違いをイメージにしてみました。


実際、従来までのWiMAXと比べると、室内での安定性は大幅に向上しました。


スマホみたいに画面が見やすくて使いやすい


Galaxy 5G Mobile Wi-Fi SCR01は、スマホ同様に画面いっぱいにタッチパネル液晶となっています。

そんなに操作をすることはありませんが、直近のデータ通信量の確認をする際や、通信モードを変更する際に、スマホのようにサクサク操作できます。

薄型でカバンの中で嵩張らない

Galaxy 5G Mobile Wi-Fi SCR01は、モバイルルーターの中だと比較的薄型なので持ち運びがしやすいです。

モバイルルーターを持ち歩く時、カバンの小さなポケットに入れることもありますが、モバイルバッテリーや充電器と一緒にいれるとなると分厚いと嵩張る要因の一つです

WiMAXが圏外でもプラチナバンドLTEで安心

WiMAXはデフォルト設定時(スタンダードモード)に圏外でも、auの超広範囲LTE回線のプラチナバンドが利用できるプラスエリアモードに変更するとスマホのように、超ど田舎でも電波が入ってくるので困ることはほとんどありません。


プラスエリアモードは月15GB制限があるので、常に使う利用方法だと厳しいですが、アウトドアで山間部へ行ったり、たまにWiMAX回線が圏外になった時でもしっかり繫がるので便利です。


プラスエリアモードを使う際の注意点


プラスエリアモード利用中での通信容量が15GBに達した場合、翌月月初まで速度制限(128Kbps)にかかります。 ※スタンダードモードで速度制限に掛からないのでご注意ください。

また、プラスエリアモードを利用する場合、利用月のみ1,000円掛かるプロバイダもあれば、無料で使えるプロバイダがあり、プロバイダを選ぶ時はご注意ください。

Galaxy 5G Mobile Wi-Fiと他機種を比較|違いと優れたポイント

Galaxy 5G Mobile Wi-Fi SCR01のスペックを、他社の5G機種とWiMAXの旧機種(WX06)と比較しました。


名称(イメージ)

最大速度

バッテリー

端末代

WiMAX+5G

(5G)

Galaxy 5G Mobile Wi-Fi SCR01

【3位】

下り:2.2Gbps

上り:183Mbps

【1位】

約15時間

※デフォルト時

【1位】

無料

※一部21,780円

DOCOMO 5G

下り:4.2Gbps

上り:480Mbps

4.8~6.5時間

※接続回線による

68,904円

SOFTBANK 5G

​Pocket WiFi 5G A004ZT

下り:3.0Gbps

上り:298Mbps

約3~7.4時間

※接続回線による

69,840円

​WIMAX 2G

WX06

下り:440Mbps

上り:75Mbps

約10~12時間

※デフォルト時

無料

※一部16,500円

Galaxy 5G Mobile Wi-Fi SCR01と他社モバイルルーターを比較した結果だけでいえば、ものすごく優れた端末というわけではありません。

Galaxy 5G Mobile Wi-Fiの通信速度スペックは3位

5G対応のモバイルルーターのなかで、スペック上の最速はドコモのWi-Fi STATION SH-52Bの下り4.2Gbpsです。

そして2番手にSoftBank(PocketWiFi 5G A004ZT)の下り3.0Gbpsで、3番手にGalaxy 5G Mobile Wi-Fi SCR01の下り2.2Gbpsという順です。

ただ、スペック上だけなら全然速度が違うように思いますが、そもそも実際の通信速度は出てもスペックの20分の1程度です、

Galaxy 5G Mobile Wi-Fiのコンパクト差は3位

Galaxy 5G Mobile Wi-Fi SCR01は、厚みだけならかなり薄いほうです。

ただ、横幅は他2機種より1~3cmほど大きく、縦幅も他2機種より1cmほど大きいので、コンパクト差という意味では3番目です。

ただ誤差といえば誤差なので、あまり気にしなくて良いかもしれませんね。

Galaxy 5G Mobile Wi-Fiのバッテリー持ちは圧倒的1位

Galaxy 5G Mobile Wi-Fi SCR01のバッテリー持ちは他機種よりも圧倒的に良いです。

丸一日充電無しで使っても、バッテリー残量を気にする事なく使えるので、2~3年後にバッテリーが弱くなっても、他機種より長く使えるのは言うまでもありません。

docomoのWi-Fi STATION SH-52Bは、通信速度は速いけど3~4時間程度でバッテリーがなくなるので、モバイルルーターとしての使い勝手が良いのは明らかにGalaxy 5G Mobile Wi-Fiのほうでしょう。

Galaxy 5G Mobile Wi-Fiの同時接続台数は少ない方

Galaxy 5G Mobile Wi-Fi SCR01の、Wi-Fiの同時接続台数は、10台までと他機種よりも少ないです。

ただ、そもそもモバイルルーターは、5台以上同時に繋げると速度が遅くなるので10台もあれば充分です。

10台以上接続するのであれば、接続機器のいずれかで接続エラーが起きたりして、まともに使えなくなることもあるぐらいです。

結局モバイルルーターは5台同時接続できれば充分です。

Galaxy 5G Mobile Wi-Fiの端末価格は圧倒に安い

スペックが高い=価格が高いというのは当たり前ですが、回線プランも同時に契約する必要があるポケット型Wi-Fiにおいて、機種代だけに高額な費用がかかるのは望ましくありません。

端末が安いのに、これだけのスペックを持っているのが、超コスパの良いハイスペック機種と言われる所以です。

Galaxy 5G Mobile Wi-Fiの最安値がわかるWiMAXプロバイダ比較

実質月額

(2年想定)

※1

実質総額

(2年分)

月額料金

(初月)

PAモード

利用料

(プラスエリア)

端末代

キャンペーン

【おすすめ】

カシモWiMAX

4,081円

102,040円

毎月4,378円

(初月:1,408円)

無料

実質無料

(21,780円)

Amazonギフト券

最大15,000円

※当サイト経由限定

※3ヶ月後に自動受取

※解約後の端末買取5000円含

【最安値】

GMOとくとくBB

CB受取時

3,590円


CB受取失敗時

4,510円

CB受取時

89,750円

※初月分最大含


CB受取失敗時

112,750円

1~24ヵ月3,553円

25~35ヶ月目4103円

37ヶ月目~4,708円

(初月:日割り)

有料

使った月は+1100円

21,780円

※49,000円は他社乗換時のみ

※1年後

※オプション2種類必須

(総額728円)

​5G CONNECT

​5,082円

127,050円

毎月4,950円

(初月:1ヶ月分)

不明

無料

※レンタル

なし

ヨドバシカメラ

5,748円

5,913円

143,702円

147,828円

※初月分次第

毎月:4,268円

(初月:日割り)

無料

21780円

10,000円

(専用商品券)

2年間の利用であれば、現金キャッシュバックが高額なGMOとくとくBBが最安値です。しかし、1年程度で解約する可能性も考えると、無駄な費用がかからないカシモWiMAX(特別Amazonギフト券キャンペーン)が最も安いです


GMOとくとくBBはキャッシュバックが大きいため、ものすごく安くなっていると感じやすいですが、そもそもキャッシュバックが受け取れた場合に限るという条件です。

なぜなら、キャッシュバック手続きは11ヶ月後にしかできず、GMOから新しく発行されるメールアドレスに手続き用メールが届くので、どうやって開くのかわからない。どこに来るのかわからないなどとその時に慌てるリスクがあります。

しかもコールセンターはつながりにくいので、よくわからない!と諦める人もあるようで、安く見せられた裏にはリスクがあるということになります。

そのため、Galaxy 5G Mobile WiFiを利用されるなら、1年で最安値、2年でもしっかりシンプルに安いカシモWiMAX一択で良いかと思います。


1年と2年どっちが良いの?

利用期間は想定しづらいものなので、1年でも2年でもどちらを選んでも良いと思います。

それよりも、契約期間を縛られるだけでなく、お得ではあるものの想像以上にリスクがかかるプロバイダを選んでしまうと、見せかけの料金より割高になってしまう可能性があります。

1年でも2年でも3年でも、シンプルに手間をかけずに安いWiMAXを選ぶのを強く推奨します。





3 views0 comments